「スーパーグローバルハイスクール連絡協議会(連絡会)を開催」

去る11月18日に「スーパーグローバルハイスクール(SGH)連絡協議会(連絡会)」が、筑波大学文京校舎講堂において開催されました。

SGH事業は、今年度から開始された文部科学省の新規事業で、高等学校及び中高一貫校におけるグローバル・リーダー育成に資する教育を通して、生徒の社会問題に対する関心と深い教養、コミュニケーション能力などを身に付け、もって、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を目的としています。今回の連絡協議会は、SGH指定校及びSGHアソシエイトの関係者が各校における研究の進捗状況や課題などについて情報共有をすることを目的に開催されました。午前中は「ディベートを活用したコミュニケーションの指導」についての講演行われ、講演の最後には参加者同士によるディベートも行われました。また、午後は、幹事校管理機関である筑波大学附属学校教育局が主催する連絡会が開催され、「筑波大学・UBCグローバルリーダープログラム」の紹介が指導を担当する各講師から紹介された後、「未来のグローバルリーダーを育成する高大連携、国際、学際的アプローチ」をテーマにしたパネルディスカッションが行われました。高大連携など3つのチームに分かれたパネラーが、事前に配付されたグローバルリーダー育成に関するアンケートにそれぞれの立場で回答する方式で進められ、設問毎に会場の参加者も具体的な考えを答えるなど場内が一体となった場面が多く見られました。

今回の連絡協議会を通じて各校の連携が更に深いものになり研究開発が推進されることが期待されています。

ディベートを行う参加者

ディベートを行う参加者

パネルディスカッションの様子

パネルディスカッションの様子

前日に開催された情報交換会

前日に開催された情報交換会