チャレンジボッチャ in いたばし 2018 で準優勝

7月1日(日)に、板橋区立東板橋体育館で「チャレンジボッチャ in いたばし 2018」が行われ、附属桐が丘特別支援学校高等部生徒のチームが準優勝しました。

ボッチャとは、ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤と青のボールをそれぞれ6球ずつ転がして、どれだけ近づけるかを競うスポーツで、パラリンピックの正式種目にもなっている競技です。

今大会に出場したのは、同校高等部3年の井上寧々さん、手島敬之さん、同1年の鱒渕羽飛さんの3名で、始業前や放課後に自主練習を行うなどしてボールコントロールの精度を高めて、大会に臨みました。

予選リーグを1位(3勝1敗)で通過し、優勝決定戦に進みましたが、成人のチームに1対3のスコアで惜敗し、準優勝となりました。

附属桐が丘特別支援学校サイトへ