中川文部科学大臣が附属久里浜特別支援学校を訪問

12月15日(木)、中川文部科学大臣が附属久里浜特別支援学校を訪問され、幼児・児童の授業の様子を視察し、子ども達と交流されました。

最初に幼稚部の絵の具遊びと音楽遊びの活動を視察されました。続いて、小学部の音楽、体育、図工等の授業を視察されました。その後、ランチルームに行き、幼稚部の幼児と一緒に給食をとられました。給食では、子どもが「コレ、おいしいよ。」と大臣に伝える場面もあり、楽しく交流されました。最後に大臣が完食の報告をされた際には、幼児たちから大きな拍手を受ける等、心温まる交流がありました。

学校概要説明の後、宍戸校長、松本副校長、岩田幼稚部主事、神部小学部主事等と懇談が行われ、大臣から各先生方への感謝の言葉や学校の取り組みに関する質問等がありました。

活動視察 授業見学の様子
幼稚部の活動及び小学部の授業を視察(右写真左から中川文部科学大臣、宍戸校長、松本副校長)

幼児と給食をとる中川文部科学大臣 給食の様子
幼稚部の幼児と一緒に給食

附属久里浜特別支援学校サイトへ