平成25年度筑波大学附属学校教育局主催公開教員研修会等開催

2月22日,筑波大学附属学校教育局は,平成25年度附属学校教育局主催公開教員研修会及び附属学校研究発表会を,東京キャンパス文京校舎を会場に開催した。

 この研修会は,教職員の幅広い知見を得るための一環として開催し,学内教職員及び学外からの参加も含め131名の参加があった。

 大阪大学大学院人間科学研究科小野田正利教授による「モンスターペアレント論を超えて~保護者と向き合う気持ちと教職員の共同性」と題し,学校現場での深刻な問題をとりあげて講演を行った。昼食休憩の後に,筑波大学附属聴覚特別支援学校高等部生徒による映画「空を見上げて」の上映を行った。

 研究発表会は、筑波大学の附属学校及び附属学校教育局における日頃の研究成果を発表し、広く参加者から意見を求めることを目的に開催した。石隈利紀附属学校教育局教育長の挨拶の後、「3拠点からグローバル人材を育てる-筑波大学附属学校からの発信-」を研究主題として、附属学校教育局が取り組んでいる先導的教育拠点・教師教育拠点・国際教育拠点という「3つの拠点構想」について、4課題の研究発表及び1講演を行った。今年度は、各附属学校の活動報告としてのポスターセッションも含め、「国際教育・グローバル人材育成」をテーマに掲げて実施した。附属学校教諭、本学教員をはじめ100名を超える参加があった。

小野田教授よる講演(公開教員研修会)

小野田教授よる講演(公開教員研修会)

研究発表会

研究発表会

ポスターセッション

ポスターセッション