平成28年度附属学校教育局主催10年経験者研修を開催

附属学校教育局では平成28年12月26日(月)~27日(火)にかけ、教職を10年経験した本学附属学校教員17名を対象に、現職研修の一環として、資質・能力の向上に資することを目的とした10年経験者研修を実施しました。

1日目に下山直人(附属学校教育局教授)による「学校教育の今日的課題」及び澤田晋(附属学校教育局教授)による「服務」の講義が行われ、2日目に山口卓男(筑波アカデミア法律事務所弁護士)による「人権教育・教育法規」及び熊谷恵子(附属学校教育局教授)による「障害者権利条約と合理的配慮-学校の中での支援-」の講義が行われました。

受講者から、今後の教育活動に役立てていきたいという感想が聞かれました。

 

%e2%91%a0img_0982

①下山教授による「学校教育の今日的課題」の講義

②受講者同士のディスカッション

②受講者同士のディスカッション