平成29年度文部科学省受託事業の報告

本校では、文部科学省の「学校における交流及び共同学習を通じた障害者理解(心のバリアフリー)の推進事業」を平成27年度から3年連続で受託し、スポーツ・身体的活動(アダプテッド・スポーツ)や芸術・文化的な活動を通した様々な交流に取り組んできました。先月、1年間の実践をまとめ、全国の関係機関に報告しました。平成30年度も引き続き本事業の申請が採択され、共生社会の実現に向けた「インクルーシブ教育システム」の構築を目指していきます。今年度は、これまでの成果から、障害理解と知的障害のある子どもたちの育ちを評価する方法について検討していきます。

附属大塚特別支援学校サイトへ