放課後English Roomを開設(附属中学校)

附属中学校において、平成24年10月30日(火)からEnglish Roomを開設した。English Roomは、毎週火曜日と水曜日の放課後に外国人のALT(Assistant Language Teacher)と生徒たちが英語での会話を気軽に楽しむ部屋である。生徒たちは、友達同士声を掛け合って、3~7名程度のグループで参加している。開設して約1ヶ月経った現在では、ALTの方と話をしたいとの希望者が多く、予約待ちの状態である。リピーターも多く、また、参加した生徒から様子を聞いた生徒が新たに参加を希望するなど、English Roomの人気は高まっている。

参加した生徒はALTの方に話しかけられると照れつつも英語で応じており、最初の緊張した表情が次第に楽しそうな表情に変わり、笑顔や笑い声が響いていた。生徒の中には海外経験のある子、外国人の友人のいる子などもおり、スムーズに英会話を楽しんでいる子もいるが、中学生なりの英会話で、趣味や好きなスポーツなどの身近な話題や、日本のチェーン店が海外進出するとメニューが海外向けになることなど、日本と海外での文化の違いなどについて話をしている生徒もいた。生徒たちは、自分なりの英会話を楽しむ中で、英語に親しみを感じるとともに、異文化への理解を深める機会ともなっている。

ALTと生徒との会話の様子①

ALTと生徒との会話の様子②

附属中学校サイトへ