東京都障害者スポーツ大会の陸上競技でメダル58個獲得

6月2日(土)に、駒沢オリンピック公園総合運動場で開かれた第19回東京都障害者スポーツ大会・陸上競技(身体・精神部門)に、桐が丘特別支援学校の中学部・高等部生徒44名が出場し、金メダル23個、銀18個、銅17個、合計58個のメダルを獲得しました。

生徒が出場した競技は30M、50M、100M、ソフトボール投、ビーンバック投、スラロームの6種目で、それぞれ障害の程度でクラス分けされたなかで競技し、練習時に確認してきた自己記録の更新を目指しました。

桐が丘特別支援学校は、現在本校校舎の改築工事のためグラウンドが使用できず、陸上競技の練習が思うように行えない状況にありましたが、生徒は体育館や校庭脇の移動路で練習を重ね、当日の競技に臨みました。

記録の良かった生徒は、東京都代表として10月に行われる第18回全国障害者スポーツ大会(福井しあわせ元気大会)に出場する予定です。

附属桐が丘特別支援学校サイトへ