筑波大学・永田学長が附属大塚特別支援学校を訪問

 

去る6月5日、筑波大学の永田学長が附属大塚特別支援学校を訪問した。

 

同校は、知的障害者に対し、幼稚部、小学部、中学部、高等部、支援部を設け、教育計画に基づき、知的障害児一人ひとりに応じた教育を行っている。

 

永田学長は、幼稚部から高等部までそれぞれの授業を見学したが、小学部は、東京学芸大学附属竹早小学校との交流日であり、授業交流「合同音楽」において、学長が児童と一緒に交じりダンスを行う場面も見られた。また、高等部において木工作業や皿作りをする生徒達から、出来たての作品をお土産に手渡され、作品の出来映えにとても感心していた。

 

その後、修繕が予定されている塗装の剥離箇所や階段踊り場、豪雨時に逆流や浸水がおこる幼稚部トイレ、作業棟等の危険箇所を中心に校内を見学した。

なお、学長の訪問には、石隈利紀附属学校教育局教育長らが同行した。

交流学習で児童とダンスする永田学長

木工作業の様子

 

附属大塚特別支援学校サイトへ