筑波大学附属久里浜特別支援学校で創立10周年記念行事を開催

筑波大学附属久里浜特別支援学校(神奈川県横須賀市)は、去る7月27日(土)に、創立10周年記念行事を開催した。

同校は平成16年4月1日、知的障害を伴う自閉症の幼児児童に対して、幼稚園及び小学校に準ずる教育を行い、併せて特別支援学校の教育課程の改善に関する研究や自立活動の指導法等に関する研究を行うことを目的として設立された。今年度は、国立久里浜養護学校から筑波大学の附属学校となって10年という節目に当たるため、記念行事を開催し、同校の子どもたちのほか、保護者や地域の方々、卒業生、元職員らと学校の歴史を振り返りながらこれまでの発展を共に祝った。

「記念式典」「きらきらコンサート」「『おひさま文庫』見学会」「祝賀会」という構成で進められ、「記念式典」では、これまでの歩みを振り返った。

「きらきらコンサート」は、同校で毎年行う恒例行事であるが、昨年に引き続き、ジャズピアニストである谷川賢作氏を迎えピアノ演奏に谷川氏自身のトークも交え、幼児・児童たちは合唱や打楽器などで演奏に参加するなど、列席者全員がコンサートを満喫した。

10周年を記念して新設した「おひさま文庫」を初めて見学した幼児・児童は、目を輝かせながら、様々な絵本を手に取って楽しむ様子がみられた。

「祝賀会」では、出席者から、同校の教育活動のさらなる充実についての期待の声があがっていた。

記念式典で挨拶する下山校長

記念式典で挨拶する下山校長

 

ピアノを演奏する谷川賢作氏

ピアノを演奏する谷川賢作氏

 

「おひさま文庫」で絵本を楽しむ児童

「おひさま文庫」で絵本を楽しむ児童

 

附属久里浜特別支援学校サイトへ