筑波大学附属大塚特別支援学校で「アフリカンミュージックコンサート」を開催

去る9月18日(水)筑波大学附属大塚特別支援学校で国際理解教育の取り組みとして「アフリカンミュージックコンサート」を行った。

今年度、筑波大学にはJICAアフリカ研修を行うため、アフリカから大勢の来賓や研修生が来学されるため、同校では全校をあげて4月からアフリカの文化や音楽の学習を行ってきた。

今回は、劇団四季「ライオンキング」初代パーカッション奏者のB.B.モフラン氏のバンドのライブ演奏に合わせてアフリカの音楽やダンスを体験するというイベントで、中学部の3年生が中心となり素敵な衣装をまとって力強いダンスを披露し、その後、全校の子供たちもパーカッションのリズムにのってダンスを楽しんだ。

B.B.モフラン氏は「みんなの反応が素晴らしく嬉しかった」と感想を述べてくださり、参加した生徒是認で一緒に盛り上がれた楽しいコンサートとなった。

バンド演奏の様子

バンド演奏の様子

衣装をまとって踊る中学部の生徒

衣装をまとって踊る中学部の生徒

楽器を演奏する子供たち

楽器を演奏する子供たち

 

 

 

附属大塚特別支援学校サイトへ