筑波大学附属学校教育局「職員ソフトバレーボール大会」を開催

筑波大学附属学校教育局は、7月19日(土)に筑波大学附属中・高体育館(東京都文京区)において「職員ソフトバレーボール大会」を文部科学省初等中等教育局と合同で開催しました。

本大会は、筑波大学附属学校教育局と文部科学省初等中等教育局及び東京学芸大学職員等との親睦を深めることを目的に開催されたもので、大会は、それぞれの選抜メンバーによる19チームの対抗戦で9人制ローカルルールで優勝を争い、筑波大学から参加した4チームは、それぞれ大健闘しました。

今回の参加者は217名と過去最高の大会となりましたが、参加者は、通常のバレーボールと違う動きをするソフトバレーボールに戸惑いながらも、最後まであきらめないプレーを展開し、各コートからは大歓声が上がり、応援者も含め日頃のストレスを発散している様子が随所に見られました。

試合終了後には、筑波大学文京校舎の会場において表彰式及び懇親会が開催され、前川喜平初等中等教育局長から賞状が全チームに授与されるとともに、その都度記念撮影が行われ、200人を超える参加者は楽しい一時を過ごしました。

フレッシュつくばのサーブ

フレッシュつくばのサーブ

大接戦の試合

大接戦の試合

第4位「タカちゃんず(教育局&大塚支援)」

第4位「タカちゃんず(教育局&大塚支援)」

第5位「つくばチームK(桐が丘支援)」

第5位「つくばチームK(桐が丘支援)」

第9位「ヤングつくば(駒場・聴覚支援・社会人等支援室)」

第9位「ヤングつくば(駒場・聴覚支援・社会人等支援室)」

第15位「フレッシュつくば(筑波大学若手職員)」

第15位「フレッシュつくば(筑波大学若手職員)」