筑波大学附属小学校の児童と外国人留学生が交流

去る11月8日(金)、筑波大学附属小学校に、同大学の外国人留学生8名が訪れ、4年生の授業に参加した。

4年生の児童たちは、8名の留学生の出身国の言語で挨拶をした後、ポスターを使っての自己紹介、留学生の出身国の文化についての質問、日本の文化紹介について、全て英語で行ったが、自分の思うことを上手く伝えられないもどかしさを感じながらも、英語でのコミュニケーションにチャレンジし、言葉が通じる喜びを実感していた。

今回の交流は、様々な国から来た留学生と接したことで、生徒たちにとって、異文化理解につながる貴重な経験となった。

ポスターを使っての自己紹介

ポスターを使っての自己紹介

留学生の国や文化について話をきく様子

留学生の国や文化について話をきく様子

日本の文化紹介に挑戦!

日本の文化紹介に挑戦!

 

 

附属小学校サイトへ