筑波大学附属聴覚特別支援学校「聾教育実践研修会」を開催

 

 

去る6月13日、14日の2日間、筑波大学附属聴覚特別支援学校において、関東地区聾教育研究会主催の「聾教育実践研修会」が開催された。

 

本年度は例年よりも多い117名の参加者があり、北は青森から、南は鹿児島から教育関係者が参加した。また、日本で研修中のオックスフォード大学大学院関係者の参加もあった。

本研修会は特に聾教育経験の少ない教員のための研修会として、長年筑波大学附属聴覚特別支援学校で行われてきたもので、2日間に渡り明日の聴覚障害教育を担う先生方が真剣に研修を受講した。

 

 

附属聴覚特別支援学校サイトへ