筑波大学附属高校の生徒が日中高校生交流で北京市を訪問

10月7日(月)~14日(月)の8日間、筑波大学附属高等学校の生徒20名(男子10名、女子10名)が中国北京市を訪れ、政府機関訪問、ホームステイなどの交流活動を行った。

北京市政府への表敬訪問では、徐副秘書長より歓迎の挨拶を受けた。

また、日中双方の生徒全員が参加した日本大使館への訪問では、木寺大使より挨拶を受け、同大使館での歓迎会にて、日中の高校生が互いにパフォーマンスを披露した。

さらに、中央政府外交部への表敬訪問では、王秘書長から日中友好に果たす激励を受け、報道部では、華報道部長と懇談した。

そのほか、北京師範大第二附属高校ほか3校において普通授業への参加及び生徒間交流を行った。

そして、中国生徒の家庭に2泊滞在し、実際の中国の家庭生活を体験した。

8日間の日程を終えて帰国した生徒からは、「テレビや新聞で見聞きしていた中国と実際に行ってみた中国はちがった。実際に身を置くことで、本当にその国を知ることができると思う。未来を担う自覚を持ち、国際関係について考えて行動していきたい」といった感想があった。

中国外交部にて華報道官と

中国外交部にて華報道官と

日本大使館での歓迎会にて木寺大使夫妻と

日本大使館での歓迎会にて木寺大使夫妻と

北京理工大学附属高校での授業体験の様子

北京理工大学附属高校での授業体験の様子

 

 

 

附属高等学校サイトへ