自閉症教育実践研究協議会を開催(附属久里浜特別支援学校)

平成25年2月6日(水)・7日(木)、自閉症教育実践研究協議会を開催いたしました。本会には、全国の特別支援学校の先生方、大学の研究者や学生、保護者など、二日間にわたり延べ約400名ほどの方々が集まりました。

本校は、昨年度から2年間をかけ、「知的障害を伴う自閉症幼児児童のための自立活動の指導~思い、考え、行動する子どもの育成を目指した授業づくり~」をテーマに掲げ、全教職員一丸となって、研究活動や授業改善に取り組んでまいりました。本協議会は毎年その成果を全国に発信する場となっています。

第1日目は、学校を会場として授業の公開を行い、参観後は参加者と授業者との間で、指導の目的や方法などに関する協議や意見交換を行いました。また、教材教具の展示会場を設け、本校が日常使用している教材教具を直接手に取ってみていただく機会なども作りました。

第2日目は会場をヨコスカ・ベイサイド・ポケット(横須賀芸術劇場)に移し、事例発表やポスター発表を行いました。また、パネリストとして秋田大学、静岡大学、京都教育大学附属の各特別支援学校の先生方をお迎えし、前筑波大学教授の前川久男先生を指導助言者としたパネルディスカッションを行い、本校の教育実践の見直しをはじめ、今後の自閉症教育のあり方、教師に必要な資質など、多岐に渡る課題についての協議を行いました。

外部から参加された方々とともに、本校の教職員にとっても大変有意義な研究協議会となりました。

 

協議会受付

事例発表

公開授業

 

教材教具展示会

ポスター発表

 

附属久里浜特別支援学校サイトへ