附属坂戸高等学校において農林水産省事務次官が特別講義

 12月13日(木)、筑波大学附属坂戸高等学校の1年生を対象として、皆川芳嗣農林水産事務次官が特別講義「被災地の復興・再生に向けての農林水産省の取組み」を行った。

 当校は、生徒が小学生に自校の農場の説明をする「農場探索ツアー」や生徒が小学校の菜園にてダイコンの栽培を指導する「ダイコン栽培支援実習」など、農業や地域との連携に関する取組をはじめとし、新時代の総合学科として活動している。

 農林水産省では、被災地産食品を積極的に消費することによって、産地の活力再生を通じた被災地の復興を応援するため、多様な関係者間で一体感を醸成できるよう共通のキャッチフレーズ「食べて応援しよう!」の利用をフード・アクション・ニッポンと連携しての呼びかけをはじめとして、被災地の復興・再生に向けた取組がなされている。これらの取組の紹介や復興状況について皆川芳嗣農林水産事務次官よりお話をいただいた後、質疑応答を行った。生徒は講義を非常に興味深く耳を傾けており、予定の時間を過ぎても質問の声がやむことはなかった。

皆川芳嗣氏(農林水産事務次官)

附属坂戸高等学校サイトへ