筑波大学永田学長が附属学校群の各PTA 会長らと懇談

筑波大学の永田恭介学長が去る7月16日(土)に、筑波大学附属視覚特別支援学校(東京都文京区)で開催された「筑波大学附属11校PTA 会長会及び学長懇談会」に出席しました。

筑波大学附属学校は、普通附属6校及び障害種別の特別支援学校5校の計11校の学校群からなる国内外でも他に類を見ない存在で、それぞれの伝統を活かしながら、常に日本の学校教育を先導・牽引する教育拠点を目指して様々な教育活動を展開しています。

この学長懇談会は、今年で6回目となります。懇談会では、永田学長による大学の現状についての説明の後、11校のPTA 会長、校長、副校長から学校の現状と課題が報告され、最後に、永田学長と宮本教育長、PTA会長らによる熱心な意見交換が行われました。

pta