第50回全日本聾教育研究大会の開催について

%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97

平成28年10月13日~14日、第50回全日本聾教育研究大会が、全日本聾教育研究会及び関東地区聾教育研究会主催のもと、附属聴覚特別支援学校が主管校となり、同校と和洋女子大学、千葉商科大学を会場として開催されました.

全日本聾教育研究大会は、聴覚障害教育に関わる全国規模の研究大会であり、昭和42年に名古屋で開催された第1回大会から毎年開催されており、今回は、第50回目となる節目の大会になります。今大会では、「聴覚障害教育の専門性のさらなる追究と共有」を大会主題とし、齋藤佐和筑波大学名誉教授、四日市章筑波大学名誉教授による基調講演、幼稚部、小学部など学部別に分かれた授業研究分科会、教育テーマ別に分かれた研究協議分科会が行われ、全国の聴覚障害教育に関わる約700名が参加しました。秋篠宮妃殿下

開会式には、秋篠宮妃殿下並びに眞子内親王殿下のご臨席を賜り、妃殿下からは手話でお言葉を頂戴いたしました。また、樋口尚也文部科学大臣政務官、内藤敏也千葉県教育委員会教育長からもご祝辞をいただきました。

2日間にわたる今大会において、これまで聴覚障害教育が築き上げてきた「専門性」について、社会や時代の変化にともない表れてきた新たな役割や課題とともに共有を図ることができ、今後の各教育現場の実践に向けて大きな成果がありました。また、会場となった附属聴覚特別支援学校の校内において、同校児童生徒の作品が展示され、日ごろの努力の成果を発表する場にもなりました。

開会式ご臨席の秋篠宮妃殿下並びに眞子内親王殿下

開会式ご臨席の秋篠宮妃殿下並びに眞子内親王殿下

中学部授業公開

中学部授業公開