「科学の芽」賞

2006年、朝永振一郎博士生誕100年記念事業・青少年プログラムの一環として、附属学校教育局が中心となり、「科学の芽」賞の取組みを始めました。今年度は、“朝永振一郎記念 第12回「科学の芽」賞”の募集を行っています。昨年は、海外日本人学校からの応募を含めて約2,900作品が全国各地から集まり、大学主催の重要な取組みとなっています。毎年クリスマスの時期に、大学会館において、「科学の芽」賞受賞者・関係者を招いて表彰式・発表会を行っています。また、筑波大学出版会より『もっと知りたい!「科学の芽」の世界』を2008年と2010年、2012年、2014年、2016年に出版しました。

詳細はこちらをご覧ください。